FC2ブログ

プロフィール

sara2sara22

Author:sara2sara22
日記を英語で書いたり、日常の生活の中で英語を取り入れています。あなたも生活の中に英語を取り入れてみませんか?

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

リンゴの存在

にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記(和英併記)へ
にほんブログ村


今日は、まどみちおの詩を紹介しましょう。

リンゴ

リンゴを ひとつ
ここに おくと
リンゴの
この 大きさは
この リンゴだけで
いっぱいだ

リンゴが ひとつ
ここに ある
ほかには
なんにも ない

ああ ここで
あることと
ないことが
まぶしいように
ぴったりだ


この詩は、まどさんの心の中に流れている哲学というか、宇宙観というか、そういうものがあり、その存在をありのままに認めている。

「ぼくがここに」という詩の中でも、

ぼくが ここに いるとき
ほかの どんなものも
ぼくにかさなって
ここに いることは できない

(略)

ああ このちきゅうの うえでは
こんなに だいじに
まもられているのだ
どんなものが どんなところに
いるときも
その「いること」こそが
なににも まして
すばらしいこと として


まどさんは、どんな小さなものでも、見つめていると宇宙に繋がっていると言われる。

どんな存在もそれぞれが生かされてそこにあるのだと考えておられる。

それはある意味、祈りのような気さえする。

I feel that Michio Mado's poem has a philosophy or a vision of the universe, and he admits as it is.

He says that everything connects with the universe, no matter how small it is.

He thinks that all of existence has been kept alive each.

I feel that in a sense, it is his prayers.

スポンサーサイト

チコちゃんに叱られて・・・

にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記(和英併記)へ
にほんブログ村


今夜、NHKで「チコちゃんに叱られる」という番組をやっていた。
その中で、「爪って何?」とチコちゃんが質問していたが、出演者は答えられなかった。

爪とは、細胞が死んだ皮膚で、ケラチンでできているという。
指には骨がないので、爪が支えになって物をつかむことができるそうだ。

爪のことを調べたら、「七草爪」「七種爪」という言葉が出て来た。


しきたりの七草爪もとりしこと
                 下田実花


1月7日は、その年初めて爪を切る日とされ、「七草爪」「七種爪」などと呼ばれているそうだ。

「七草を浸した水やゆで汁に爪をつけ、柔らかくして切ると、邪気を払い、風邪などの病気にならない」と言われているという。


みどりごも七草爪といふことを
                 西村和子

この風習は今も続いているのだろうか。

I watched '' チコちゃんに叱られる '' on TV tonight.

Chikochan asked a performer what nail is.

But the person couldn't answer.

Our nails are dead cells' skin and it is made of keratin.

We don't have bones of our fingers, so we are able to catch something to support with nails.

I checked about nails, then I saw the words of '' 七草爪 '' '' 七種爪 ''.

It is said that we should cut nails on Junuary 7.

If we cut our nails to soften them soaking in water and boiled juice what has soaked the seven spring herbs, we will be able to remove the evil spirits and we don't have a cold.

I'm not sure if traditional manners and customs will still remain.

まんさくの花

にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記(和英併記)へ
にほんブログ村


まんさくや春の寒さの別れ際
                   籾山梓月

この俳句は、先日の新聞に掲載されていたものである。

まんさくの花と言うと、独特な花の姿が不思議な雰囲気を漂わせる。

早春に花が咲くので「まず咲く」「まんず咲く」が東北地方でなまったものと言われたり、花がたくさんつくので「豊年満作」からつけられたとも言われているそうだ。

花言葉は、不思議な花の様子から「呪文」「魔力」「霊感」「ひらめき」などの言葉が並ぶ。


空澄みてまんさく咲くや雪の上
                   相馬遷子


まんさくや極楽寺坂なだらかに
                   吉田未灰


春の訪れを一足早く見せてくれるまんさく。

不思議な花の形とともに、春のひらめきを感じたいものである。

This haiku was in the other day's newspaper.

I feel that Japanese witch-hazel has a mysterious atmosphere with peculiar flowers.

They bloom in early spring, so it is said that the name called as the flower blooms at the beginning of spring in a strong accent in the Tohoku district and they have lots of flowers like a bumper harvest.

The flower language is '' spell '', '' magical power '', '' inspiration '' and '' flash ''.

Japanese witch-hazel makes feel coming of spring earlier.

I want feel inspiration of spring with mysterious flowers.

再思三省に・・・

にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記(和英併記)へ
にほんブログ村


「再思三省」という記事が、今日の新聞に掲載されていた。
再思三省とは、何度も考え、何度も自らを省みることだという。

この記事は、三つの言葉の事例を示し、間違って使いそうな漢字や言葉の説明をしている。

*勾留――裁判の判決が確定するまで容疑者・被告を拘束すること。証拠隠滅や逃亡の恐れがあるため、これを防ぐための処置。

*拘留――既に判決が下された後の刑罰の一種で、最大29日間、刑務所や拘置所に収監される刑罰。

ゴーン容疑者の場合は、証拠隠滅や国外逃亡の恐れがあるため長く勾留されている。
今後はどのような展開になるのか見守っていきたい。

(蓄電池の容量が)
*キロワット(KW)――電力=瞬間の電力

*キロワット時(KWh)――電力量=消費電力×時間=使った電力の量


*レーザー照射――光を発する。

*レーダー照射――目に見えない電波を発する。
韓国艦のレーダー照射問題は未だに収束の糸口すら見えない状態である。

お互いに言い分はあるのかも知れないけれど、歩み寄ることは難しいのだろうか。

漢字や言葉を学ぶ機会を通して、このような問題に取り組むことは大切なことである。

An article, '' 再思三省 '' was in today's newspaper.

'' 再思三省 '' means that we think about it and think back ourselves many times.

This article explains some kanji and words showing three examples.

For example, the difference of '' 勾留 '' and '' 拘留 ''.

The suspect, Carlos Ghosn is detained for a long time.

In his case, it is due to destruction of evidence and defection.

The second example is about the difference of '' KW '' and '' KWh ''.

This is the difference of electric power and electric energy.

The third example is about the difference of laser radiation and radar irradiation.

The issue of radar irradiation is difficult and we are not able to find a clue of convergence.

It's important for us to tackle these problems through kanji and words.

真っ赤な花

にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記(和英併記)へ
にほんブログ村


今日は、まどみちおの詩を紹介しましょう。

ぼくの花

朝から かいている
花の 絵が
ようやっと できあがった

こころの おくに わいてくる
かすかな しみずが
この指さきへと 集まってきて

見えないほどの
しずくに なって
ふくらんで ふくらんで
とうとう おっこちて
ぽっかりと さいたのか

まっかな 花
ぼくも はじめて見る ぼくの花
世界に ひとつきりの 花

ぼくは ふと 聞いた 気がした
この 花に とんでくる ために
いま どこかに 生まれた
あたらしい チョウチョの はねの音を......


美しい詩である。

まどさんの描く絵は、このようにして描かれるのだろうか。

心の奥に湧いてくる清らかな清水が筆の先にたまり、美しい色彩となる。

真っ赤な花は、まどさんの心の花。

チョウチョもその美しさに驚くに違いない。

It's a beautiful poem.

I wonder if Michio Mado will paint a picture with such a way.

His picture becomes a beautiful color with clear water which springs out in his heart.

A red flower is the flower of his heart.

A butterfly must be surprised at the beautiful flower.

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ